有限会社
環境資源システム総合研究所
 Institute of Environment and Resource System (IERS)
HOME サイトマップ
(横浜国立大学発ベンチャー)
会社概要 業務内容 当社の実力 お問い合わせ リンク
共同開発研究/受託開発研究と実用化・普及の支援
必要な情報、機器、技術、人材の効率的なアウトソーシングにご活用ください!
本格的な共同開発研究と特定課題を短期解決する受託開発研究とがあります。

環境汚染物質の効率的な計測機器の開発、改善と普及
排ガス・大気、排水・環境水、土壌、廃棄物、または各種製品中の環境汚染物質を効率的に調製、捕集、測定するための新しい計測機器の共同開発、性能評価と改善、ニーズ開発と普及支援などを行います。
主な実績例

新方式TOC計
 (葛、立理化学研究所と共同開発、製品化)
   大田区新製品・新技術コンクール入賞、東京都トライアル発注認定制度認定商品

従来より大幅に小型、低価格の紫外線分解・濁度測定方式のTOC(全有機炭素)アナライザーで、排水等の管理が効率的に行えます。無機炭素(IC)濃度も測定できます。

詳しくはこちら

水中VOC連続モニター
 (バイオット(株)と共同開発、製品化)

排水や下水、あるいは製造工程の水中のVOCを新センサーで連続測定し、処理状態等の監視と制御を可能にします。

詳しくはこちら

携帯可能ガスクロマトグラフ
 (潟宴Eンドサイエンスと共同開発、製品化)

空気キャリヤ、半導体センサ式、超小型・軽量、低価格のガスクロマトグラフで、教育、研究、行程管理等での専用使用が容易にできます。

詳しくはこちら

燃焼イオンクロマトグラフ装置
 ((株)三菱化学アナリテックと共同開発、製品化)

プラスチック、廃棄物などの固体試料や油、排水などの液体試料に含まれるフッ素、塩素、臭素などのハロゲン類および硫黄を測定し、それらの化合物の濃度を求めることができます。試料の燃焼から測定まで完全自動化されています。
詳しくはこちら

全有機ハロゲン分析装置
 ((株)三菱化学アナリテックと共同開発、製品化)

上下水、排水、油、プラスチック、廃棄物などに含まれる有機ハロゲン化合物類を塩素換算濃度として測定します。

加熱流下式高速抽出器
 ((株)三菱化学アナリテックと共同開発、製品化)

土壌や廃棄物、各種工業製品や食品中のダイオキシン類や多環芳香族炭化水素類、農薬類などを2時間程度で迅速に抽出できます。従来のソックスレー抽出と比較して大幅な効率化、時間短縮が可能になります。
詳しくはこちら

高沸点有機物標準ガス発生装置
 ((株)ガステックと共同開発、製品化)

ダイオキシン類や多環芳香族炭化水素類、プラスチック添加剤、農薬類等の高沸点有機物の一定濃度のガスを連続発生できる世界唯一の装置です。
詳しくはこちら

大気中VOC捕集ポンプシステム
 ((株)ガステックと共同開発、製品化)

AC電源を使用せず、24時間の連続サンプリングが可能なガス採取装置です。設置の自由度が高いため、幅広い環境測定で活用いただけます。

効率的COD測定キット
 (独自開発、セントラル科学(株)で製品化)

JIS K 0102に準拠したCODMn測定キットです。排水等のCODMnを1/3以下の測定時間、1/20以下の試薬量、1/20以下の電力消費で測定することができます。

土壌汚染迅速測定キット
 (セントラル科学(株)と共同開発、製品化)

電源を使用できない汚染サイト等で、15分から数十分で測定結果を得ることができる土壌中重金属等の迅速測定キットです。
詳しくはこちら


Copyright 2009 Institute of Environment and Resource System (IERS) All Rights Reserved.