有限会社
環境資源システム総合研究所
 Institute of Environment and Resource System (IERS)
HOME サイトマップ
(横浜国立大学発ベンチャー)
会社概要 業務内容 当社の実力 お問い合わせ リンク
技術・システム、安全情報の収集・解析と相談
社会ニーズや規制等を理解した開発・普及戦略、CSRや情報公開にご活用ください!
 
化学物質の信頼できる毒性・物性情報の収集と
 情報利用システムの提案及びリスクコミュニケーション手法の相談
数万種類の化学物質についての国内外の信頼できる情報源から、人に対する様々な毒性データや水生生物に対する毒性データおよび様々な物性値を収集し、使いやすい形に加工し、化学物質の自主管理への利用システムの提供を行っています。また、事業活動に伴う環境汚染等についての周辺住民とのリスクコミュニケーションの手順や情報提供方法、ファシリテータなどのご相談もお受けします。
  
主な実績例

数千種類の有害化学物質の情報収集・整理と管理システムの開発
 (Y社から受託)

国内外の工場で原材料や副資材として使用する化学物質について、人や水生生物に対する毒性と物性、および法規制や指針の有無などの情報を収集、整理して分類し、環境リスクを予防的に管理するシステムの開発を受託しました。



PRTR対象物の別名、毒性、物性、用途等の情報収集・整理と公開
 (横浜国立大学環境安全管理学研究室エコケミストリー研究会と連携して実施)

化学物質の排出・移動量を届出・推計して公表するPRTR制度の対象となる物質および物質群について、各種の毒性や物性、用途などの情報を収集・整理し、分かりやすく、利用しやすい形に加工し、エコケミストリー研究会のHPで公開しています。

詳しくはこちら

PRTR対象物の地域別重み付け排出量等の情報解析と公開
 (横浜国立大学環境安全管理学研究室エコケミストリー研究会と連携して実施)

PRTR制度で届出された化学物質の大気や水域への排出量等を人と水生生物に対する慢性毒性の強さで重み付けすることによって、地域毎のリスクの大きさや優先して削減すべき物質などを分かりやすい図表に加工して、エコケミストリー研究会のHPで公開しています。

詳しくはこちら



Copyright 2009 Institute of Environment and Resource System (IERS) All Rights Reserved.